投稿

凸凹コラム〜お道具箱でヒルを飼っていた話〜

副代表のジュンナです!

小学4年生の時、私は教室で、隣の男の子に自慢しました

「みんなには内緒ね。私、お道具箱でヒル飼ってるの。ほら」

男の子は笑って頷いてくれました

しかし次の授業で、男の子は先生に言いました

「先生!このクラスの中にキモい虫を持ってきてる人がいます!」

「この人です!キモい虫をお道具箱に隠してます!!」

次の瞬間、クラス中が奇声を上げ、大パニックになりました

先生のところに駆け寄る子や、教室からでる子もいました

はっきりと覚えています

なんなら、キモい虫の正体を確認せずに逃げる女子もいました

(一生忘れん)

それから、私=キモい人=普通じゃない となり

ゴミをかけられたり、無視されたりしました

でも

ヒルって正直、めちゃくちゃキモい

ヒルはね

今思えばキモい。ヒルは。かなり。

とはいえ、小学生の私にとってヒルは

かなり魅力的で、キュートで、衝撃的な生き物だったのです

玄関で奇跡的な出逢いを果たして以来

自分の腕から血を吸わせ、だんだんと大きくなるその”キモい虫”が

しっかりと生きている感じがたまらなく嬉しくて、学校でもずっと眺めていたい!

となったのです

純粋やん。

でも、その日以降、私は「キモい人」となり

先生までも、普通じゃない、といじめに参加するようになるのです

あの時

「いやお道具箱にヒルて!すごいなぁ!どこで拾ったん?あとで教えて!!」

って言ってくれる先生だったら、私はヒーローになっていたかも知れません

(少なくとも、自分自身を否定されたような気持ちにはならなかったかも)

そんなこんなで学校が苦手だった私も

今ではなんとか、自分らしく生きています

こんな私でも「おもろいやん!」と認めてもらえた

受け入れてもらえたことが大きいかもしれません

レモネードキッズ®︎では

「おもろいやん!」「そんな発想なかった!」「君ならもっとできる!」

と前向きに子どもたちを導いてくれる言葉が飛び交います

言われた子供たちの表情は、すごくキラキラしていて、嬉しそうです

そんな素敵な場所を

もっとたくさんの子どもたちに提供したいです

そして、こんな自分でもいいんだ、普通じゃなくていいんだ

と感じてくれたら嬉しいです

凸凹コラム〜ギフテッドとは?〜

皆さんはギフテッドと聞いてどんなことをイメージしますか?

個性の尖りのある人でしょうか?天才児でしょうか?

実はギフテッドという言葉は、もともとアメリカのエリート教育の必要性が謳われた時代に「優秀な人材(エリート)」というような意味合いで使われてきた背景があります。ロシアに負けじ劣らぬ国力UPのために優秀な人材(エリート)の教育が必要だったのです。

このような時代の背景もあり、ギフテッドはIQ(知能指数)の高い人たちを指す言葉であって、個性豊かな子どもや天才児に限った言葉ではないというのが実情です。ですから、メンサといったIQの高い集団の試験に合格したから、個性的かというと一概にそうでもなく、成績が優秀だから天才であるとも限らないのです。

さて我が国では新しい時代に必要な個性的かつイノベーティブな子どもたちを発掘するという意味で、ギフテッド教育は注目されつつあるように思います。

しかし、ギフテッド教育や、そもそもギフテッドという言葉の定義は、新しい時代に必要な子どもたちを育てるという意味では課題があります。なぜならこのようなエリート教育を背景とした言葉では、これからの新しい時代に必要な個性的かつイノベーティブな人たちをきちんと表現できる言葉ではないからです。言葉の定義上、イノベーティブな人たちを十分に定義できないということは、そういう人たちを教育したり、養成したりは十分にできないということです。

そういった課題を解決するためにレモネードキッズ®︎ではまず研究のフィールドにおいて、個性的かつイノベーティブな子どもたちを、ギフテッドよりも狭義の『スーパーリソース』という言葉で表現し、さらにこれらの子どもたちを評価する基準(アセスメント)を開発しています。

同時にこれらの研究知見をビジネス教育の現場にも還元し、イノベーティブな人たちに必要な、数学的思考、創造性、問題解決能力を学ぶプログラムとして開発しています。

なぜビジネス教育なのかというと、ビジネス教育は「生きる」に直結した最も根本的な教育であり、日本では最も足りていない教育だからです。

最後に、レモネードキッズ®︎は「詰め込み教育」や「学校の成績」という枠にはおさまらない個性豊かな子どもに新たなスポットライトを当てる活動でもあります。

レモネードキッズ®︎を足場として、子どもたちがどんどん羽ばたいていけますように。

クラウドファンディング成功!!128%達成!!

この度、株式会社CAMPFIRE (本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入一真) が運営するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2020年1月10日(金)から1月31日(金)までの22日間クラウドファンディングに挑戦し、

なんと・・・・・20日目で目標金額を達成しました!!!

そして最終128%を記録いたしました!!

初めてのクラウドファンディングで一時はどうなるかと不安な毎日でしたが、みなさまの熱い応援と支援のおかげで達成することができました。

この場をお借りして感謝申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。

いつの間にかスタッフ推薦のキャンペーンとしても掲載していただいておりました。

これからさらにパワーアップしたイベントを皆様にお届けできるよう精進してまいります。

引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

1/10 クラウドファンディングスタート!!!

2020年1月10日、CAMPFIREにてクラウドファンディングがはじまります!

https://camp-fire.jp/projects/view/221954

夢は大きく、世界を牽引する起業家を100名育てることです!

オリジナルサコッシュ、オリジナル刺繍Tシャツ(ポロ)などをご用意いております。

合わせて団体様向けに、イベント開催権利のプランや、大阪大学での研究会発表にご招待するプランもご用意しました。

ぜひチェックしていただければ幸いです!!

凸凹コラム〜レモネードで個性を伸ばす!小学生の起業家マインドを育てたい!〜

アメリカの子どもたちがお庭でレモネードを売ってお小遣いにする夏の風物詩レモネードスタンドをご存知でしょうか?

アメリカの有名起業家は幼少期からレモネードスタンドを経験することで、ビジネス感覚を養っています。

また起業家マインドを表す言葉として”Make lemonade out of lemons”という言葉があります。

これは、どんなに悪い不完全なレモンも創意工夫をしてレモネードに変えれば新しい価値を生み出すことができる、つまり失敗をチャンスに変えるという意味を指します。

誰しも逆境や壁を乗り越えなければならない時があります。こういう時にこそ必要なのは、創造力と折れない心です。

レモネードキッズ®︎は単なるアメリカナイズされたアントレプレナー教育や、職業体験プログラムに留まりません。

独自のノウハウで起業家マインドに必要なエッセンスや道徳を子どもに伝えています。

それぞれの個性や強み、価値を社会に提供して生きていけますように!

ナレッジキャピタルワークショップフェス 8/4イベント終了報告

【ナレッジキャピタルワークショップフェス2019SUMMER 8/4イベント終了報告】

今回もナレッジキャピタルワークショップフェス2019SUMMERにて開催させていただきました。1日に3回それぞれ90分ずつ実施させていただきました。たくさんの親御さんが参加してくださり、大いに盛り上がりました!

レモネードキッズ®︎は“すべての子どもたちが自分の価値を社会に提供して生きる”ことを理念に活動しています。

余談ですが、レモネードキッズ®︎に携わってもらっている学生スタッフはボランティアではなくアルバイトとして雇用させていただいております。ボランティアの考え方は非常に大切ですが、ボランティアを利用した情熱の搾取はあまり好きではありません。最近話題のSDGsという言葉にもあるように、活動をいかに持続可能なものにしていくかは日頃から考えていかなければならないと思います。

ナレッジキャピタルワークショップフェス様、本当にありがとうございました!

城東区子ども会 6/23イベント終了報告

【レモネードキッズ®︎ 第4回イベント終了報告】

第4回目は城東区子ども会で行わせていただきました。今回は代表の鈴木様がナレッジキャピタルワークショップフェスにご参加いただいていたご縁で実現しました!

大阪市城東区東中浜一町会 子ども会では、将来子どもたちが楽しく幸せな人生を送れるように、様々な体験活動を通して、学校や家庭だけでは得られない社会の知恵を育んでいます。

今回はオレンジジュースとカルピスの2つを用意し、どちらをどのくらい仕入れて販売するかを子どもたちが考えました。

また、子ども会の場所が1階と2階(和室)に分かれていたため、1階と2階のどちらで売るのかという立地条件も売り上げに影響していて、非常に面白かったです。

鈴木様、ありがとうございました!

ナレッジキャピタルワークショップフェス  3/16-3/17イベント終了報告

【レモネードキッズ®︎ 第3回イベント終了報告】

今回は初めてナレッジキャピタルワークショップフェス2019SPRINGにてイベントを開催させていただきました。

https://kc-i.jp/activity/workshop-fes/2019/spring/contents.php?id=31

なんとチケットが30分で売り切れたと嬉しい報告もありました!

75分の短縮版でしたが、PRタイムなどを用いて子どもたちが独自に『どんなレモネードであれば売れるのか?』を考え、消費者側の親御さんにうまく伝えていました。

こちらはレモネードキッズ®︎のスタッフが打ち合わせしている様子です。毎回しっかりと準備をして挑んでおります。

ナレッジキャピタル ワークショップフェス様、ありがとうございました!

大阪大学Innovators’ Club Award!

2019年1月末日に開催された大阪大学Innovators’ ClubピッチコンテストにてAwardをいただきました!!ありがとうございました!!

2018年春に大阪大学Innovators’ Clubの松行先生にこんなことやりたいです!とアイディアを持ち込んだのがきっかけで、これまでずっとサポートしていただいております。

大阪大学Innovators’ Clubは阪大生だけでなくどんな人でも参加できるコミュニティです。ぜひチェックしてみてください。

https://ou-iclub.net

私は研究者タイプというよりも、研究と社会の架け橋がしたいと思っているので、研究世界では少しイレギュラーなタイプですが、大阪大学Innovators’ Clubには同じように研究と起業を両立させている同志がいて、自分は自分でいいのだと背中を押してもらえる、私にとって大切な大切な”居場所”です。

大阪大学吹田キャンパス産学共創本部C棟2階は、Innovators’ Clubの拠点リニューアルしています。大阪大学のOBの方が設計してくださっていて、とても居心地の良い場所です。阪大生はぜひ覗きに来てみてください!

スポーツフィールド 大阪オフィス 12/15イベント終了報告

【レモネードキッズ®︎ 第2回イベント終了報告】

レモネードキッズ®︎の第2回目のイベントは2018年12月15日にスポーツフィールド大阪オフィスで行われました。

(株)スポーツフィールドは”スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮する”という理念のもと、主に体育会学生の就活支援および企業の採用支援サービス『スポナビ』を展開しております。

今回は大阪大学産学共創本部Innovators’ Clubの邨次敦史先生も参加してくださいました!
ボードゲームなども導入し、グレードアップしたコンテンツをお届けしました。

学生やOB/OGからの保護者向け講演は以下の通りです。
代表 島藤安奈 『レモネードキッズとは』
工学研究科修士2年 田中悠貴 『なぜ僕がGoogleに入れたのか』
経済学部4年 家城匡志 『なぜ挑戦する必要があるのか、どうやって挑戦するのか〜挑戦のWhyとHow〜』

大阪大学の学生2人による講演は非常に好評でした。

スポーツフィールド様、本当にありがとうございました。