投稿

凸凹コラム〜お道具箱でヒルを飼っていた話〜

副代表のジュンナです!

小学4年生の時、私は教室で、隣の男の子に自慢しました

「みんなには内緒ね。私、お道具箱でヒル飼ってるの。ほら」

男の子は笑って頷いてくれました

しかし次の授業で、男の子は先生に言いました

「先生!このクラスの中にキモい虫を持ってきてる人がいます!」

「この人です!キモい虫をお道具箱に隠してます!!」

次の瞬間、クラス中が奇声を上げ、大パニックになりました

先生のところに駆け寄る子や、教室からでる子もいました

はっきりと覚えています

なんなら、キモい虫の正体を確認せずに逃げる女子もいました

(一生忘れん)

それから、私=キモい人=普通じゃない となり

ゴミをかけられたり、無視されたりしました

でも

ヒルって正直、めちゃくちゃキモい

ヒルはね

今思えばキモい。ヒルは。かなり。

とはいえ、小学生の私にとってヒルは

かなり魅力的で、キュートで、衝撃的な生き物だったのです

玄関で奇跡的な出逢いを果たして以来

自分の腕から血を吸わせ、だんだんと大きくなるその”キモい虫”が

しっかりと生きている感じがたまらなく嬉しくて、学校でもずっと眺めていたい!

となったのです

純粋やん。

でも、その日以降、私は「キモい人」となり

先生までも、普通じゃない、といじめに参加するようになるのです

あの時

「いやお道具箱にヒルて!すごいなぁ!どこで拾ったん?あとで教えて!!」

って言ってくれる先生だったら、私はヒーローになっていたかも知れません

(少なくとも、自分自身を否定されたような気持ちにはならなかったかも)

そんなこんなで学校が苦手だった私も

今ではなんとか、自分らしく生きています

こんな私でも「おもろいやん!」と認めてもらえた

受け入れてもらえたことが大きいかもしれません

レモネードキッズ®︎では

「おもろいやん!」「そんな発想なかった!」「君ならもっとできる!」

と前向きに子どもたちを導いてくれる言葉が飛び交います

言われた子供たちの表情は、すごくキラキラしていて、嬉しそうです

そんな素敵な場所を

もっとたくさんの子どもたちに提供したいです

そして、こんな自分でもいいんだ、普通じゃなくていいんだ

と感じてくれたら嬉しいです